自己破産後のリアルな生活実態

自己破産後のリアルな生活実態

MENU

自己破産後のリアルな生活実態

自己破産というと「人間失格」とか「戸籍に記載されて結婚できない」などの誤解をしている人がいます。しかし、自己破産とは裁判所の手続を利用して自分の財産と負債を整理して、自分の財産を各債権者に分配して「生活を立て直す制度」です。言い換えれば、刑務所での懲役や禁錮刑等の犯罪として処罰されない状態で、つまり「刑罰を受けずに負債を整理する法的手続」なのです。
即ち、自己破産後の生活は、基本的に負債の無い生活になります。確かに、自己破産手続をして免責許可を受けるまでは選挙権の停止や警備員になれない等のデメリットはあります。しかし、通常の自己破産手続であれば、手続開始から免責許可決定まで長期間になることはありません。なお、自己破産後の生活において、クレジットカードを作れない・キャッシング会社からキャッシングをすることができないという事実上のデメリットはありますが、このことは「負債を作らないメリット」とも言えます。
そして、自己破産後の生活において、家族に与える影響は極めて少ないのです。なぜなら、自己破産は個人単位でする手続であり、自分自身が自己破産の手続をしても、基本的に家族全員でする手続では無いからです。むしろ、自分自身の負債が大きくなり、自分の家族に迷惑をかけることを避けて、自己破産の手続を利用する人が多いのです。冷静に考えて、自己破産の手続を利用すること自体は犯罪では無く、「自己破産後に人生の再出発をするため」と考えるべきです。つまり、自己破産後に豊かな生活を取り戻すべきなのです。