自己破産二回目を申請する前にチェックすべき事項

自己破産二回目を申請する前にチェックすべき事項

MENU

自己破産二回目を申請する前にチェックすべき事項

前に一度自己破産の手続を行った人が、二回目の自己破産を行うことは可能でしょうか。結論からいえば可能です。法律上回数に制限はないので、理論上は何度でも行うことは可能です。しかし、以下のような制約があります。

まず、一度めの自己破産から7年以上が経過していなければ、二回目を行うことはできません。そう頻繁にできるとなると、債権者の利益を損ねてしまうからです。

また、二回目の自己破産の場合には、一度めのときよりも免責決定のハードルが上がってしまいます。免責決定というのは、裁判所が「あなたの借金をチャラにします」と決定するもので、これによって初めて借金を支払わなくて良くなるものです。一回目の場合には、ギャンブルや浪費など多少の免責不許可事由があっても、裁量免責といって裁判所が免責決定を裁量で出してくれることがほとんどです。しかし、二回目の場合には、その裁量が非常に厳しくなってしまいます。ギャンブルなどが理由の場合には、免責が許可されない可能性が非常に高いでしょう。

これは当然のことで、一回目の際に裁判所はギャンブルや浪費などについて十分反省したと考えて裁量免責を行ったにもかかわらず、二回目も同様の理由で自己破産に至ったとなると、「何も反省していない」と思われてしまうからです。

ですから、初めて自己破産の手続を行うという人は、なるべく二回目の自己破産手続をしなくても良いように、破産に至った原因について振り返り、十分に反省して生活をしましょう。