自己破産するデメリット.com

MENU

自己破産するデメリット.com

借金問題で悩んでいる人もたくさんいますが、その苦しみは本人でないとわかりません。
家族や知人にも相談できずに、一人で悩んでしまうケースもあります。
一人で悩んでいても何も解決しないので、やはり法律の専門家に相談することが大事です。
借金問題を解決する方法には、債務整理という方法があります。
債務整理の中にもいろんな方法があり、その中に自己破産という方法があります。
自己破産とは、持ち家などの財産を処分しても返済のメドがたたない場合に、裁判所に認めてもらい借金をゼロにしてもらう方法です。
メリットとしては、全ての債務支払いが免除され、債権者は強制執行ができなくなるので、借金の厳しい取り立てから解放されます。
借り入れが5年~10年はできなくなることや、住所や氏名が官報にのることがデメリットといえます。
他のデメリットとしては、免責決定を受けるまで、一部つけない職業もあるので注意が必要です。
ただし、浪費やギャンブルが原因だと免責が認められなかったり、財産があるのに財産を隠していると免責が認められないこともあるので気をつけてください。
自己破産すると車はローンが残っている場合は、ローン会社に引上げられてしまいます。
ローンの支払いが終わっている車で、すでに市場価値のない車は手放す必要はありません。
自己破産は、借金を免除してもらう代わりに、いろんな制限を受けてしまうので、自己破産をおこなう前にどのようなデメリットがあるのか、しっかり確認することが大事です。
自己破産の他に解決策がないのか、もう一度法律の専門家に相談してみるといいでしょう。

 

借金を抱えているという人はたくさんいますが、毎日の生活の中で返済を少しずつでもすることができれば問題はありません。しかし中には借金の返済のめどが立たずに困っているという人もいます。このような場合には最終手段として自己破産の手続きがあります。自己破産の申請は裁判所に行うようになっていますが、これを行うことによって今まで抱えていた借金をすべて清算することができるのです。とても魅力的な制度と感じる人もいますが、実際にはよいことばかりではないのです。自己破産をした場合にはいくつかのデメリットも発生してしまうのです。このデメリットに関してはいくつかありますが、そのなかの一つとして一定の財産を失ってしまうと言うことがあります。借金がなくなるというかわりに、今現在持っている財産の多くが差し押さえられると言うことになります。たとえば具体的な物として家や土地や別荘などの不動産はすべて失ってしまいます。住宅ローンがまだ残っているという場合には、その状態で住宅を手放すと言うことになるので、その先の支払いは不要となります。このほかに失う物としては99万円を超える現金や20万円を超える預貯金や有価証券、生命保険の解約払戻金なども差し押さえの対象となってしまいます。現金もあまり手元に残らないと言うことに加え、手元に残るのは資産価値の低い物だけとなります。このようにいくつかのデメリットがあるので、一から出直すというしっかりとした意志が必要となります。

更新履歴